PornWatchhCom |

Single post

意外に知られていない配当金の仕組み

競馬とは、ギャンブルである。

競馬を開催するのに、どれだけの人が携わっていて、どれだけのお金がかかっているのか。

まず馬は、軽種の部類で、サラブレッドという品種の馬が多いだろう。

一昔前には、同じ軽種の部類で、アングロアラブという品種の馬を使った競馬も、開催していたこともあったが、今はサラブレッドを使っている。

競馬の馬は、代々繋がっている血統というものが重要になってくる。

この血統でも、やはり代々いい成績を残している血筋の馬は値段も高い。

仔馬が数千万、数億円とするのである。

その血筋の良い馬を買い求め、毎年夏にセレクトセールが行われている。

そこで莫大なお金が動いているのだ。

その高価な馬を馬主と呼ばれる人が買い、牧場に預けて調教され、トレーニングセンターと呼ばれる競走馬を調教管理している厩舎に預けられる。

厩舎には、世間一般で言うと、社長のような調教師と呼ばれる人や、調教助手、騎手、と馬の調教を専門的にしている人、そして、主に馬の世話を主としている厩務員という人たちが働いている。

そのような人たちが、大切に馬を育て上げて、レースに出走させることによって、競馬開催が成り立っているのだ。

競馬開催にも、距離が様々だったり、牝馬限定だったり、年齢が制限されていたり、障害を飛び越えるレースもあったり、芝生だったり、ダートだったりと色々なレースがある。

その中で、その馬が得意とするレースに出走させ、上位につければ賞金がもらえるのだ。

レースによって賞金獲得金額が違ってくるが、中央競馬では賞金の配分は決まっている。

まず、馬を所有している馬主が80%、次に馬を管理している調教師が10%、そして残りの5%を厩務員と騎手で分けるのである。

レースによって額は異なるが、中央の場合、1着馬の40%を2着馬が貰え、3着は25%、4着は15%、5着は10%という形態で賞金が貰える。

またそれ以外でも、6~10着は1着馬の7~10%の出走奨励金が出るようになっている。

同着の場合は、1着2着の賞金を足して、半分に割った額が貰えるようになっている。

このように中央では、正確に賞金配当分が決まっているのである。

最後に、競馬はただのギャンブルではない。

騎手も馬も、命をかけて戦っているということを忘れないでほしい。

馬は大怪我をしたら、命を落とさなくてはならない場合も数多くある。

走り、お金を稼ぐために産まされて、命をかけて仕事をしている馬たちを誇りに思ってもらいたい。

16 10月 2014

  • 最近の投稿

  • PR